ホーム > 美術講座のお知らせ

美術講座のお知らせ

 調査研究の成果を反映させて、伊藤小坡に関する美術講座と、伊勢を中心として、三重にゆかりの深い美術についての講座を、昨年4月から毎月1回、土曜日の午後2時から学習室で開催しています。
 これまでに、「伊藤小坡の芸術について・・・「ふたば」を中心に・・・」「橋本平八の木彫」「伊藤小坡の芸術・・・『伊賀のつぼね』を中心に・・・」「中村左洲の日本画」「伊藤小坡の芸術・・・『幻想』を中心に・・・」を開催しました。

 今年のスケジュールも随時、下記にお知らせ致します。

スケジュール

春の常設展の内容(プレスリリース内容)

春の常設展の内容

(1) 「烈女形名の妻」、「伊賀のつぼね」、「幻想」、「神詣」、「山内一豊の妻」、「乳人浅岡」等、伊藤小坡の代表作を展示します。

(2)「花吹雪」、「製作の前」、「山路の春」、「秋草と宮仕へせる女達」、「秋好中宮図」など、

  初期から完成期までの作品により、小坡の画風の発展を辿ります。

(3) 「麗春」、「御室の花」、観桜美人」、「花の頃」等、春に因んだ小坡の作品を展示します。

 

※春の常設展の会期 平成29年3月22()から6月11()

2017.03.17更新

年末年始 休館のお知らせ

平成28年12月26日から平成29年1月9日まで休館致します。

また、平成29年1月10日は無料観覧日といたします。

是非、お越し下さい。

2017.03.17更新

新春(冬)の常設展の内容(プレスリリース内容)

新春()の常設展の内容

() 秋季展に引き続き、伊藤小坡幻の名作「山内一豊の妻」を展示します。

2018年に迎える伊藤小坡没後50年を記念して、ゆかりの猿田彦神社が購入した「山内一豊の妻」を展示します。1940年に展覧会に初出品して以来、76年ぶりの公開となります。

()新春にふさわしい作品を展示します。

当館には、1年12ヶ月それぞれの景物をひと月ごとに、小坡が描いた色紙と短冊があります。今季の展観では、そのうち、1月から3月を展示します。いずれも小品ですが、小坡の洗練された感性がうかがえる佳作です。

() 「烈女形名の妻」、「平家大宰府落」、「秋草と宮仕へせる女達」、「秋好中宮図」、「幻想」、「乳人浅岡」等、伊藤小坡の代表作を展示します。

 

  新春()の常設展の会期

平成281220()から平成29年3月20()

2017.03.17更新

お知らせ一覧

516-0026 伊勢市宇治浦田2丁目4-65 牛谷坂 / TEL 0596-22-2554