ご祈祷・ご祈願

当神社御殿内は撮影禁止となっておりますのでご了承ください。
御殿内では、携帯電話・スマートフォンをお持ちの方は、
マナーモードに切り替えていただくか、電源をお切りくださいますようお願いいたします。

御祈祷

御祈祷とは、皆様が心に思う様々なお願いごとを神様にお伝えするための最も丁寧な作法です。家内安全や健康など個人としてのお願いごとや、商売繁盛など法人・事業者としてのお願いごとを、神職が厳粛に神様へとお伝えいたします。

受付場所 授与所(御札・御守・御祈祷受付)
受付時間 午前8時30分~午後5時
(ただし神楽は午後4時まで)
  • 御祈祷は年中執り行っておりますが、祭典や結婚式などで一時停止していることがございます。
    祭典の斎行日はこちら。結婚式などの予定は「神社からのお知らせ」をご覧ください。

当神社の御祈祷は時間制ではありませんので、随時受付の上、準備が整い次第斎行となります(ご予約は承っておりません)。
御祈祷自体の時間は20分~30分ほどですが、前の御祈祷をお待ちいただく時間や御殿の準備をする時間、また出願される方の人数やお供え物の数などによって、所要時間が変わります。お時間には余裕をもってお越しください。

主な願意(下記以外のお願いごとも承っております。受付の際にご相談ください。)

  • みちひらき
  • 家内安全
  • 身体健全
  • 交通安全
  • 方位除け
  • 厄祓い
  • 商売繁盛
  • 事業繁栄
  • 社運隆昌
  • 工事安全
  • 七五三詣
  • 百日参り
  • 安産祈願
  • 子宝祈願
  • 就職祈願
  • 良縁祈願
  • 病気平癒
  • 引越安全
  • 旅行安全
  • 朔日参り
  • 心願成就
  • 神恩感謝
  • 合格祈願
  • 結婚報告
  • 年祝い

初穂料(御祈祷料) 5,000円以上

お申込みの際、用紙に5,000円以上のお気持ちの金額をご記入ください。
なお、当神社では金額に合わせ下記のとおり種別が定められております。

御祈祷の種別

御祈祷 5,000円以上
準特別御祈祷 10,000円以上
特別御祈祷 30,000円以上
  • 種別により、お渡しする御札や直会などの内容が異なります。
  • 準特別および特別御祈祷では玉串奉奠を行なっていただけます。
  • 特別御祈祷では御神楽の奉奏がございます。

御祈祷に関するよくあるご質問

御祈祷は予約できますか?
当社の御祈祷は基本的に予約は承っておりません。ただし、団体参拝など大人数でお越しになられる場合は、準備が必要となりますので、必ず事前にご連絡くださいますようお願いいたします。
御祈祷したときにいただいた紙袋の中に食品が入っていたのですが、
これはどうすればいいのでしょうか。
御祈祷後には御神前に奉安いたしました御札や御守などの授与品が渡されますが、その中に「神饌直会」という食品がございます。こちらは、神様にお召し上がりいただいたお食事の“おさがり”です。普通の食品と同様にお召し上がりください。包装紙や使用した箸は、一般ゴミとして処分していただいて大丈夫です。
御祈祷に持っていくべき物は何かありますか?
必ずご持参いただく物などは特にございませんが、願意によってはご持参いただくことをおすすめしている物がございます(下記参照)。
安産祈願:腹帯
新築工事等:図面または図面コピー
また交通安全祈願(車祓い)の方は、受付時に自動車ナンバーが必要となりますのでメモなどをお持ちください(地名・ひらがな・数字すべて)。
初穂料(御祈祷料)はのし袋に包んで持っていかなければいけませんか?
のし袋に入れてお納めするのが最も丁寧ではありますが、財布から直接お出しいただいても問題はございません。
御祈祷のときの服装は自由ですか?
当神社の御殿は平服で昇殿いただけます。ただし、神様に失礼のないよう、短パン、サンダル(裸足での昇殿)、着帽などはご遠慮ください。
駐車場はありますか?
神社東側(国道23号線沿い)の第二駐車場をご利用ください。なお、交通安全祈願(車祓い)の方はバス駐車場奥の「修祓所」にお停めください。
古くなったおふだや御守をお納めすることはできますか?
よその神社のものは受け取っていただけますか?
古札(こさつ)は授与所にお納めください。当神社以外の神社の授与品でもお納めいただけます。
お納めいただけないものなどにつきましてはこちらをご覧ください。