ホーム > 猿田彦神社とは

猿田彦神社とは

猿田彦神社の歴史・由緒

猿田彦神社 外観写真

 天孫降臨を啓行(みちひらき)された猿田彦大神は、高千穂に瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を御案内した後、天宇受賣命(あめのうずめのみこと)と御一緒に本拠地である「伊勢の狭長田(さながた)五十鈴の川上」の地に戻り、この地を始め全国の開拓にあたられました。
 そして、神宮第一の古典『皇大神宮儀式帳』等にあるように、宇治土公宮司家の祖先で猿田彦大神の裔である大田命が、倭姫命の御巡幸に際して、猿田彦大神が聖地として開拓された五十鈴の川上にある宇遅(宇治)の地をお勧めし、そこに皇大神宮(内宮)が造営されました。そのため宇治土公家はその後、神宮において代々「玉串大内人(たまぐしおおうちんど)」という特別な職に任ぜられ、式年遷宮で心御柱と御船代を造り奉るなど、重要な役割を果たしてきました。
 同時に邸内では御先祖である猿田彦大神をお祀りし、門前には全国から訪れる参拝希望者やお供えが絶えることはありませんでした。
 当社は猿田彦大神の子孫である宇治土公家が代々宮司を務める神社です。


皇大神宮儀式帳

皇大神宮儀式帳

爾時、宇治大内人仕奉、宇治土公等遠祖、太田命乎、汝國名何問賜只。(中略)是河名波佐古久志留伊須須乃河止申須。是河上好太宮地在申。(中略)大御意鎮坐國止悦給弖、大宮地奉支

爾時、宇治大内人仕奉、宇治土公等遠祖、太田命乎、汝國名何問賜只。(中略)是河名波佐古久志留伊須須乃河止申須。是河上好太宮地在申。(中略)大御意鎮坐國止悦給弖、大宮地奉支

※(倭姫命は)そのとき、宇治(玉串)大内人仕へ奉る、宇治土公等の遠つ祖、太田の命を、汝國の名はいかにと問い賜ひき。この河の名は佐古久志留(さこくしる→枕詞)五十鈴の河と申す。この河上はよき太宮地在りと申す。(中略)大御こころ鎮まります國と悦び給ひて、大宮地定め奉りき。


閉じる


倭姫命世記

倭姫命世記

時に猿田彦神の裔宇治土公が祖大田命参り(中略)答へて白さく、「佐古久志呂宇遅の五十鈴の河上は、是れ大日本国ノ中に殊ニ勝テ霊地に侍ルナリ(中略)定めテ主出現御坐サムカ尓の時献るベシと念ひて彼の処に礼ヒ祭リ申せり」と。

時に猿田彦神の裔宇治土公が祖大田命参り(中略)答へて白さく、「佐古久志呂宇遅の五十鈴の河上は、是れ大日本国ノ中に殊ニ勝テ霊地に侍ルナリ(中略)定めテ主出現御坐サムカ尓の時献るベシと念ひて彼の処に礼ヒ祭リ申せり」と。

※そのとき、猿田彦神の裔、宇治土公の祖、大田命参り(中略)答へて白さく、「さこくしろ宇治の五十鈴の河上は、是れ大日本國の中に殊に勝れて霊地に侍るなり(中略)定めて主(ぬし)出で坐さむか。その時献るべしと念ひて彼の処にうやまひ祭り申せり」と。


閉じる


本居宣長墨跡

本居宣長墨跡

本居宣長墨跡

本居宣長墨跡

本居宣長墨跡

「神代から 大神の末裔として 絶えることなく続く 名高き宇治土公家 私の大切な友よ」

※寛政十一年(1799)に本居宣長大人が、参宮に際して宇治土公家に逗留し、当主の定津神主に贈ったもの。


閉じる